仕事におすすめのグッズとは

>

忘れないように貼っておこう

目の前に貼るのがいい

絶対に忘れてはいけない情報は、付箋に書いて目立つところに貼ってください。
正面に貼ると、常に視界に入るので忘れることはないと思います。
人と会う約束や締め切りなどは、メモ帖ではなく付箋に書くのがおすすめです。
メモ帖に書くと、それを忘れないようテープで貼る作業があります。
テープを用意して貼る作業は、非常に面倒です。
付箋なら、書いたらすぐ正面に貼れるので時間短縮に繋がります。

デスクの1番上に付箋を入れておくと、必要になったらすぐ取り出せます。
仕事を効率良く進めるためには、デスクの中も整頓してください。
どこに何があるのかわからない状態では、スムーズに仕事を進めることはできません。
よく使うものは、デスクの1番上に入れておきましょう。

付箋の正しい使い方

いろんなことを付箋に書いて残すのはいいですが、デスクの上や周囲にたくさんの付箋があると、混乱してしまいます。
用が済んだ付箋は、すぐに処分してください。
するといつでも、スッキリするので仕事の集中できるでしょう。
前回の仕事の締め切りがまだ残っていると、今回の締め切りの日を間違えてしまいます。

仕事の提出が遅れると、大勢の人に迷惑をかけます。
付箋の整理をして、必要ないと思ったら早く処分しましょう。
自分の好きなデザインの付箋を使うことをおすすめします。
好きなデザインを見れば、自然とモチベーションが高くなるでしょう。
仕事にやる気を持って取り組めるので、気に入った付箋を探してください。
かわいい付箋が、たくさんあります。


この記事をシェアする